沖縄県初のBSケア(赤ちゃんの吸い方に倣った痛くない乳房ケア)プレゼンター 母乳外来・育児相談・べびぃケア・よもぎ蒸しを行っております。
Blog
  • HOME »
  • »
  • 母乳育児について(ママ向け)

母乳育児について(ママ向け)

大変なことがずっと続くわけじゃないよ

  母乳育児が大変と思ってしまったとき たいていは、今の状況がずっと続くと考えています。 乳房のトラブルも、赤ちゃんが大きくなって 大きなお口で力強く吸ってくれるようになると ぐっと減ります。 首も据わるように …

お産後まもなく「乳首が痛い!」

お産が終わって、いよいよ 育児の始まりです。 母乳育児。。。ママも赤ちゃんも練習中です。 はじめからうまくいかないのは当たり前。 毎回お互いに練習と思ってやっていきましょう。 母乳トラブルでほんとに辛いこと。。。 「おっ …

おっぱい頑張っているママへ魔の言葉!!

  ①「おっぱい足りないんじゃないの?」 ②「ミルクあげたら?」 ③「そんなに頑張んなくてもいいんじゃない?」 ④「いつまで飲ませているの?」   ①と② 赤ちゃんが泣いているとよく言われてしまう言葉 …

搾乳の方法・搾乳器の活用

  ○赤ちゃんが低体重児で生まれたため、入院中の赤ちゃんに搾乳した母乳を届けなければいけない場合 ○赤ちゃんが入院してしまい、授乳ができない場合 ○赤ちゃんがママのおっぱいを直接吸えない場合 ○赤ちゃんが哺乳瓶 …

マタニティクラス(母乳育児)

個別マタニティクラス始めます。 ①母乳育児(基本編) ②母乳育児(実践編) 各コース60分1回4000円   母乳育児がうまくいくためには、 入院中がとっても大切です。 でもその前に妊娠中に 知識を得たり、心構 …

授乳中の薬飲んでいいですか?

  授乳中のお母さんが飲んだお薬は、母乳中に移行しますが 実際に赤ちゃんが摂取する薬の量は1%未満と言われています。 抗がん剤などの一部の薬剤を除けばほとんどの薬は飲んでも授乳に差し支えないと 考えられます。 …

夜、授乳回数が多い赤ちゃん。実は理にかなっています。

    夜は母乳を作るホルモンの分泌がピークになる時間帯です。 母乳分泌を増やしたいとき、 赤ちゃんは、夜に特に頑張っておっぱいを飲みます。 夜は、少しでも長く寝て欲しい、という気持ちもわかりますが。 …

分泌過多って分泌不足より辛いかも。。。

  私は、助産師になる前から 母乳分泌過多の方と出会ってきました。 そこで感じたのは 「母乳分泌不足より辛いかも・・・」 実は、私自身も2人目まではそうでした。 理由は3人目で明らかになります。。。。 母乳分泌 …

退院後のおっぱいの変化

  退院後もおっぱいは、変化していきます。 4-5日目の乳房の張りが落ち着いてきます。 でも4日目に退院した方では 退院後に張りがピークになってしまってびっくりすることも。。。 そのときは、この対処で乗り切って …

入院中のおっぱいの変化(4から5日目)

生理的充満といって、 産後4から5日目におっぱいが、ぐっと張る人が多いです。 これは、おっぱいへの血液やリンパ液がたまってきている状態です。 どんどん飲ませることで1~2日で解消します。 ただ乳首まで張ってしまうと赤ちゃ …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © みねた助産院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.